釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

秋のバスフィッシング~四季で最も釣れるシーズン到来~

 

はじめに

今回は、1年でブラックバスが最も釣れるとされるシーズン、秋のバスフィッシングについて解説していきます。秋のおすすめルアーや釣り方などを詳しくお知らせしますので、ぜひ参考にして下さい。

バスの居場所(秋)

バスは秋になると夏の高水温が和らぐため、広範囲に居場所を移します。大袈裟に言うと、どのレンジにでもバスはいるということです。つまり、シャーローからディープどの釣りをしても釣れる可能性が高いということです。

秋バスの狙い方

先ほど説明した通り、バスはどのレンジにもいるので、投げるルアーは正直なんでも良いです。ただし、状況を見極めることが大事で、例えば前日に冷たい雨が降った時などは、秋と言えど表水温は下がります。ですので、トップウォータープラグなどの表層系ルアーは効果的ではないことが多いです。その場合は、少し深いレンジを引けるミノーやスピナーベイトなどを使っていくと、釣果が上がります。

おすすめルアー

何を投げても釣れると言ってもやはり秋の基本ルアーはあります。そちらを紹介します。

スピナーベイト

秋の定番ルアー、スピナーベイトです。前述の通り秋バスは、広範囲に居場所を移すということで、いち早くバスを釣ろうとすると、やはり手返しの良いスピナーベイトがオススメになります。投げる回数を単純に増やせば秋バスは、釣れます。

・ミノー

次いでミノーもオススメになります。スピナーベイトほどの手返しの良さはないですが、それでも手返しの良さはルアーの中でも上位です。特にただ巻きであれば、スピナーベイトとほぼ変わらないくらいのスピードで釣りができるので、高確率でバスをつることができます。

・ワーム(ミドスト)

ワームと言ってもダウンショットや、スプリットショットではなく、ミドストという使い方がオススメです。主にミドストは、魚のシルエットをしたワームをロッドアクションをつけて一定のレンジを泳がせてくる釣り方で、簡単に言いますと、ミノーのワームバージョンの釣り方です。よりリアルにバスに対してアピールできるので、こちらもよく釣れる釣り方です。

ミドスト:山岡計文プロが解説するミドストのシークレット - YouTube

まとめ

秋は、最もバスが釣れるシーズンですので、特に初心者の方や、まだバスを釣ったことがないアングラーには、大変オススメの季節です。はまると1日に10本越えも夢ではないので、ぜひこちらを参考にして釣りに出かけてみて下さい。