釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

明日から始めるバスフィッシング

こんにちは。

今回は、バス釣りを始めるには何を用意すれば良いのか?どれぐらいの費用が掛かるのか?等

これからバス釣りを始める方を対象に記事を掲載させて頂きます。

 

バスフィッシングとは

もともと外来魚であるブラックバスを対象とした釣りで、基本的にはルアーを使って魚を狙っていきます。バスフィッシングはトーナメントも開催されるぐらい人気のある釣りでバスプロと呼ばれるプロの釣り師が沢山存在するほどです。

また、一般の方も参加できる大会も各地方などで開催されていて初心者から上級者まで楽しめる釣りです。

 

バスフィッシングを始めるにあたり用意するもの

ここではタイトル通り「明日から始める」という事で最低限用意する物をご紹介させて頂きます。

・ロッド(竿)

ロッドですが、入門者の方にオススメするのがスピニングロッドと呼ばれる竿です。

ロッドにはベイトロッドとスピニングロッドというものがありベイトロッドにはベイトリール、スピニングロッドにはスピニングリールを付けてして釣りをします。

なぜスピニングロッドをオススメするかといいますと、ベイトリールというものはスピニングリールに比べると圧倒的にトラブルが多い点、また慣れるまで時間が掛かるという点が挙げられますので、まず最初はスピニングリールを付けるスピニングロッドを用意される方が良いと思います。

バス用のスピニングロッドの価格は、メチャクチャ安い物も有りますができれば5000円以上のものをお勧めします。

☆おすすめロッド☆

バスワンXT(シマノ) 7000円前後

ゾディアス(シマノ) 12000円前後

・リール

リールは上記でご紹介させて頂いた通りスピニングリールをオススメします。スピニングリールはベイトリールに比べてトラブルが少ないので入門者の方でも扱い易くなっています。

☆おすすめリール☆

サハラ(シマノ) 6000円前後

ナスキー(シマノ)8000円前後

・ライン(糸)

ラインはナイロン、フロロ、PEと種類がありますが、最初はナイロンをオススメします。他のフロロ、PEも魚の当たりを取り易い等、利点は多々ありますが、少し癖がありトラブルの元になりますので、慣れるまではナイロンを使うことをオススメします。

☆おすすめライン☆

ススペシャル100m 4Lb (サンライン) 1000円前後

オールバス300m 4Lb (ラインシステム) 1500円前後

・ルアー 

ルアーには種類が沢山有りますが、入門者の方にオススメするのがワームと呼ばれるものになります。ワームと言っても様々で魚の形をしたものやエビの形をしたもの等、様々な色や形のものがあります。ゆえにどれを選んで良いのか最初は迷ってしまうと思います。なので、今回は良く釣れるノーシンカーやダウンショットと呼ばれる釣り方に適したワームを紹介させて頂きます。カラーは好みで良いと思います。

☆おすすめルアー☆(ワーム)

4インチカットテールワーム(ゲーリーヤマモト) 700円前後

フリックシェイク3.8 (ジャッカル) 800円前後

・フック(針)

 フックはオフセットフックとマス針というものを用意すれば大丈夫です。メーカーは正直どこのものでもよいと思います。300円ぐらいのもので十分です。

☆おすすめフック☆

キロフックワーム17(デコイ) 300円前後 ←オフセットフック

ボディーフックワーム (デコイ) 300円前後 ←マス針

 

・シンカー(おもり)

シンカーも正直どこのメーカーでも良いと思います。ダウンショット用のシンカーも色々ありますのでオススメを紹介させて頂きます。

☆おすすめシンカー☆

コツコツ君(デコイ) 400円前後

タングステン スリムダウンショットシンカー(レインズ) 500円前後

・小物

ペンチ(魚をフックから外す為)

ハサミ(ラインをカットする為)

バッグ・ケース等(ルアーやフックを収納する為)

・まとめ

最低限以上の物を用意すればバス釣りを楽しむことができると思います。今回はあくまでも入門という事ですのでコストを優先したご紹介になります。

経済的に余裕があればもっと高価なタックルも沢山有ります。

勿論高価なものは使い勝手もそれなりに良いので気になる方は釣具屋さんに行って手に取ってみるのも良いと思います。楽しいですよ(^^)

 

今回はバス釣り入門という事で紹介させて頂きました。次回はもう少し詳しくバス釣りについて紹介していきますので気になる方は、是非ご観覧下さい。