釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

バス釣り~最適なルアーの選択~

連日の投稿です( ;∀;)

今回は、最適なルアーの選択ということで、状況に合わせたルアー選択の基本と自分自身の経験から解説していきたいと思います。

 

水質別

①クリア

クリアウォーターの場所では、バスの視界は良好ですので、ナチュラル系のミノーやスイムベイトが有効とされています。

②ステイン

ステインウォーターの具合にもよりますが、あらゆるルアーに釣果が出ます。

ミノーやスイムベイトはもちろん、ビッグベイトなんかも効果的です。

③マッディーウォーター

マッディーウォーターはのバスは、おそらく目で見て捕食をしているのではなく、側線で感じ取って餌を捕食していると考えられます。もちろん100%ではないですが。ですので、水を強く押すルアーが効果的になりますので、クランクベイトやスピナーベイトは非常におすすめです。

天候別

①晴れ

晴れて日差しの強い時は、バスからルアーが良く見えるはずですので、騙すことが容易ではありません。ですので、スピナーベイトやビッグベイトのような強いルアーよりも、ミノーやシャッドなどのナチュラル系のルアーが効果的です。

②曇り

ローライトなコンディションはアングラー優勢になります。光量が少ないため、バスにルアーがはっきりと見えていないと考えられるため、比較的騙しやすいです。ですので、ある程度強めのルアーで勝負するのが得策です。スピナーベイトやクランクベイトがおすすめです。

③雨

個人的に一番釣れると思う天候は、雨です。しかし雨はアングラーの精神力が削られるので、少しつらい部分もあります。超タフコンディションのフィールドでも雨の日に釣りをすれば簡単に釣れることが多いです。おすすめのルアーは、ビッグベイトや、スピナーベイトです。

f:id:par_72_golf:20181119111446p:plain

いかがだったでしょうか?20年前とは違いブラックバスは年々釣れにくくなっています。だからこそ状況をしっかり把握して、最適なルアーを流し込んでいくことが非常に重要になってきます。私は、ルアーには最適な使いどころが必ずあると考えています。雨の日に濁ったフィールドで3インチのワームを1日中投げていては効率が悪すぎます。晴天無風の日に小規模野池で3オンスクラスのビッグベイトを延々とキャストすることは、最適とは言えません。

1匹を捕るために最適なルアーの選択を考えましょう。