釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

【バス釣り】 真冬にバスを釣る最も簡単な方法

はじめに

とうとう今年も過酷なシーズンがやってきますね。バスアングラーにとって1年で最も過酷なシーズン「冬」の到来です。この季節は坊主が当たり前なので、みんな諦めていることでしょう。しかし冬の1本は貴重で本当に嬉しいものです。そんな喜びを少しでも増やせる釣り方を解説していきます。

冬に釣果の高いルアー

まず冬にトップウォーターなどの表層系のルアーで釣りをしても釣れる確率は相当低いです。なぜなら冬の表層は水温が低すぎてバスが居ないからです。ですので大前提として、水深の深い所を探れるルアーであることが大切です。そして中でも様々な水深が探れるルアーが最適です。なぜなら深場と言ってもどこのレンジにバスが居るか早く探るためです。つまり、この条件が揃っているルアーは、メタルジグ、メタルバイブ、バイブレーション、スピナーベイト、ラバージグ、ワーム等です。この中で最も効率よくスピーディーに探れるルアーはメタルジグ、メタルバイブです。

冬の最強ルアー→メタルバイブ、メタルジグの使い方

そんなメタルバイブやメタルジグですが、やはりリアルさやナチュラルさに欠けるため、特に初心者からは避けられがちです。しかしメタル系のルアーは冬にはマストなルアーで、冬は私もメタルジグやメタルバイブは必ず使います。使い方は主に2つで、リフトアンドフォールとしゃくりです。リフトアンドフォールはルアーを投げてまず底をとります。そこから1度ロッドを立てながらルアーを引きます。そして再び底をとってまたロッドを立てながらルアーを引くという流れです。またバスが少し浮いてる時は、任意の水深でこの作業をすればOKです。次にしゃくりですが、特にボートの釣りで有効になります。まず魚探で魚の群れを見つけて、その水深までルアーを真下に落とします。狙いの水深までルアーが到達したら、ロッドを一気にしゃくります。そしてロッドを寝かせてルアーを再び落とします。これを繰り返すだけです。おかっぱりでもテトラ帯や桟橋などは足元が深いので、しゃくりが使えますので、お試しください。何を投げても釣れない時に意外とあっさり食ったりします。

参考動画:ノリーズ 真冬のメタル攻略 [メタルワサビー編] 伊藤巧 - YouTube

おすすめメタルルアー

リトルマック

エバーグリーン(EVERGREEN) リトルマックス 1/4oz #125 クラウン

価格:780円
(2018/11/19 10:47時点)
感想(0件)

冬と言えば「リトルマックス」で決まりでしょう。定番かつ釣果も抜群です。そして何と言っても飛距離が尋常じゃないので、何処までも飛んでいきます。(嬉)逆に野池などで対岸の釣り人に当てないように注意してくださいね(汗)

・メタルワサビー

マルキュー ノリーズ メタルワサビー 12g BR-15(スポッテッドシルバー)【ゆうパケット】

価格:729円
(2018/11/19 10:54時点)
感想(0件)

メタルジグの代名詞「メタルワサビー」は、岸釣り最強アングラー伊藤巧氏も多用する古くからあるメタル最強ルアーです。釣り方はとにかくしゃくるです(笑)メタルジグはこれがあればあとは要らない。

まとめ

 冬のバスは非常にスプーキーで食い気が全くありませんので、食性よりもリアクションで食わすのがベストです。以前にも解説しましたが、リアクションの釣りは、バスの本能にアタックしますので場所、時間、季節問わず釣果を出すことができます。今回紹介した、メタル系の釣りは正にリアクションの釣りですので、正にこれからの時期に期待のできる釣りであることは間違いないです。