釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

バス釣り 初心者のリール選び

 

はじめに

 こんにちは、SHIOです。バス釣りを始める時に初心者が悩むのが道具選びですね?特にロッドとリールは釣りにおいて最も重要な道具になってきます。今回はベイトリールの選び方について解説していきます。私が実際使っている、もしくは使ったことのあるリールの中でオススメのリールも紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

バス用ベイトリールの種類とシステム

 今やバス用のベイトリールの数は昔に比べ、驚くほど沢山あります。特にシマノ、ダイワが日本の8~9割のシェアを誇っています。シマノのリールの特徴と言えば遠心ブレーキで飛距離性能が売りになっています。またダイワは、マグネットブレーキがメインで搭載され、安定したキャスト性能が可能になっています。その他にもシマノは10年ほど前には、DCブレーキというシステムを世に送り出しています。

現代のリール選び

ãé é 貯é ãã¸ãã¹ éè çµæ¸ ãæ­ è²¯éç®± 貯è ããã¼ éè¡ éç¨ æè³ å®¶è¨ç°¿ å®¶è¨ é»å ãã¼ã ãã¿ ãã¿ã®è²¯éç®± è±

各メーカーが様々なリールの性能を前面に押し出してはいるものの、実際今のリールは同じ価格帯で比較した場合、ほぼ大差はないです。もちろん5千円以下のリールは性能もイマイチですが・・・ですのであとは値段とデザインで選べば良いのではないかと思います。確かに2万円のものより3万円の方が性能は良いのは当たり前で、同じ価格帯であればどこのメーカーでもほぼ性能は同じということです。

オススメのベイトリール

ここでは私が使っている、もしくは使ったことのあるベイトリールの中で初心者にオススメのリールを紹介します。

スコーピオンDC

DCブレーキを搭載したリールの中で最も安いシマノのリールです。DCブレーキ性能がイマイチという意見が多いですが、全くそんなことはないです。しっかりブレーキコントロールしてくれますし、しっかり設定すればスキッピングも難なくこなせます。価格や性能のすべての面で総合的にかなりオススメのリールです。

・バスワンXT

シマノのエントリーモデルで価格は何と7000円前後と非常に良心的なリールです。価格のわりに飛距離性能の高さやトラブルの少なさが目立ちます。バスワンはシマノのエントリーモデルで昔からあり、中・上級者には敬遠されがちでしたが、現行のバスワンXTはベテランアングラーにも満足のいくリールになっています。

 まとめ

実際に4、5万円するリールは性能は抜群です。しかしながら初心者にその性能は必要ではありません。高いリールは他のリールを使いこなした上で物足りなさを補うという意味で使うべきだと考えています。と言うのも、初心者が高いリールを使って何回もバックラッシュしているのを釣り場で稀に見かけますが、本当に恥ずかしいものです。そうならないように自分の丈に合ったリールを選びましょう。