釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

天気によって釣り方を変える バスフィッシング

 

はじめに

今回は、晴れの日、雨の日または、曇りの日の釣り方について解説します。天気別のルアー選びなども紹介しますので、最後まで見て頂けると幸いです。

 

バスと天気

f:id:par_72_golf:20180925203303j:plain

バスは、天気によって居場所を変える魚です。というより、魚全般に言えることです。ですので、晴れの日に良く釣れたルアーを雨の日に使っても釣れるとは限りません。また、晴れの日に釣れたポイントに投げても雨の日に同じポイントで釣れるとは限りません。ですので、天気によって投げるルアー、ポイントも変えていかなくてはなりません。

・晴れの日

晴れの日は、基本的にバスは光を嫌うので、シェードや光の届きにくい中層~ボトム付近に多く着いています。ですので、投げるルアーは巻物であれば、スピナーベイトやクランクベイトでワームであれば、ダウンショットやミドストなどが効果的です。

・雨の日

雨の日は、気圧が低くいので、魚は浮袋の関係で表層付近に浮きやすくなります。ですので、ルアーは、トップウォーターやポッパーで攻めるのが効果的です。また雨は、水面を叩くので、波紋によってルアーがぼやけるため、バスを騙しやすくさせます。つまり、反するようですが雨の日は、表層付近を攻めればルアーは特に何でも良いかと思います。

・曇りの日

曇りの日は雨の日と同じく、気圧が低下しているので、バスは表層に浮きやすくなります。曇りの日は水面は静かなのでルアーで騙すのは雨の日ほど容易ではありません。曇りの日は、スピナーベイトやクランクベイトで少し光るポイントのあるルアーが釣果が出ます。

まとめ

今回は天気別で釣り方やルアーを紹介しましたが、この通りにすれば釣れるというものではありません。相手は魚ですので、人間レベルでは100%の答えを出すことは到底不可能です。しかしながら、天気によって釣り方を変えることで10%は近づけるはずですので、参考にしてみて下さい。