釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

【ブラックバス】オススメ 秋のハードルアー 5選

 

はじめに

長く続いた猛暑も落ち着いてきましたね。これからは、バスが最も釣れるシーズンになってきます。秋はバスが広範囲に散らばっていて、極論どこにでもバスは居るということになります。そこで今回は、広範囲に散ったバスを一網打尽にするルアーを紹介します。ぜひご覧ください。

秋にオススメのルアー

・D-ZONE

万人が認める最強のスピナーベイトです。プロデュースした清水盛三プロも「エサ」と言ってしまうほど釣れるルアーです。巻き抵抗も重すぎず軽すぎず、まっすぐ泳いでくれるので、初心者でも使いやすいルアーです。

・ワイルドハンチ

潜行深度1m強のシャロークランクです。リップの形状が絶妙で、障害物をスルスル躱して泳いでくれるので、他のクランクベイトに比べ根掛かりが圧倒的に少ないです。ボトムノックはもちろんですが、泳ぎがしっかりしているので、中層のただ巻きでもよく釣れます。ただし、風の抵抗を受けやすいのが弱点で、向かい風の時のキャストには気を付けて下さい。

・セイラミノー

ジャッカルプロデュースの元祖i字系ミノーです。クリアウォーターに強く、池原・七色ダムや琵琶湖の北湖などで威力を発揮してくれます。使い方もただゆっくり巻くだけなので、初心者でも簡単に扱えます。

・ジョインテッドクロー

ビッグベイトの定番ジョインテッドクローです。サイズは様々ですが、148のサイズはビッグベイト専用のロッドが無くても投げられる重さなので、おかっぱりにはオススメです。当然ですが大きいバスしか釣れませんので、バスのアベレージが大きい場所で投げて下さい。

・ベントミノ

湾曲したボディーが特徴のベントミノーは、他のルアーには出せないアクションが可能になっています。ベントミノーは「ミノー」と言うものの実は、トップウォーターです。水面をトゥイッチさせると湾曲したボディが水を噛み、独特の動きを出して、バスを寄せつけます。必ず1つは持っておきたいルアーです。

・まとめ

紹介したルアーは特に秋にオススメできるルアーですが、もちろん他の季節でも十分活躍してくれるルアーなので、持っておくとオールシーズン安心です。ちなみに秋は、ワカサギがレンジを上げてくる季節ですので、ワカサギレイクでは、ルアーもワカサギカラーが良く釣れます。

ここまで読んで頂きありがとうございます。皆様の素晴らしい釣果を祈っています。