釣り日和でしょう。

私の趣味の一つであるバスフィッシングについて、タックルや、釣り方などのレクチャー、釣果情報などを載せていきますので、ぜひ参考にして下さい。

【バス釣り】 ワームの基本的なセッティング

 

はじめに

今回は、バスフィッシングにおけるワームの基本的なセッティングについて解説していきます。ワームの付け方次第で釣果は大きく変わりますので、しっかりマスターしましょう。ここでは、バスフィッシングによく使用される3種類のフックを使った基本的かつ、正しいワームの付け方を紹介します。

フックの種類

・マス針

マス針は餌釣りでよく使用されている、馴染みのあるフックです。バス釣りでは、ワッキーリグをメインで使います。

f:id:par_72_golf:20181113113856j:plain

・オフセットフック

マス針に比べるとかなり横長のフックになります。ワームを止める点が2点ありますので、ワームのズレを軽減することができます。

f:id:par_72_golf:20181113113921j:plain

・ジグヘッド

マス針におもりが付いたフックで、レンジキープ力のあるフックなので、任意のレンジを探るには最適のフックです。

f:id:par_72_golf:20181113113943j:plain

 フックの種類によるワームのセッティング

・マス針によるワッキー掛け

f:id:par_72_golf:20181113115635j:plain

ストレートワームに相性の良いセッティングで、ボディーの重心辺りにマス針をチョン掛けします。見えバスやスレたバスに効果的です。しかし、チョン掛けですのでワームが外れやすいというデメリットがあります。

・オフセットフックによる2点掛け

f:id:par_72_golf:20181113120335j:plain

ワームの頭とボディーに2点でフックをかけるセッティングです。写真のようなリアル系ワームからストレートワームなど、ほとんどのワームにマッチングします。ワームのサイズに合わせてフックを選んで下さい。

・ジグヘッドのセッティング

f:id:par_72_golf:20181113120805j:plain

ワームの頭からフックを刺して、ボディーでフックを抜いてください。ジグヘッドは意外にセッティングが難しいので、ワームに対してフックをまっすぐ刺すようにしましょう。

ワームのセッティングの注意点

全てのセッティングに言えることですが、ワームのボディーに対してフックをまっすぐ刺してあげることが最も大切なことです。少しでも曲がっていると、ワームがしっかり泳いでくれませんので、釣果も一気に下がります。また、しっかり刺していたとしてもワームのサイズに対して、フックのサイズが合っていない場合でも、ワームの動きが悪くなりますので注意が必要です。

まとめ

ワームのセッティングによって釣果が変わるとお伝えしました。これは何度も言うようですが本当に大切なことで、初心者と上級者の釣果の差はここにあると言っても過言ではありません。特にバスプロは、ワームの刺し方にこだわりを持っている方が非常に多いです。そのことからもワームのセッティング次第で釣果が左右されることが分かりますね。ワームのセッティングをマスターして釣果に繋げましょう。